月曜日、仕事に行きたくないときにまず考えるべきこと

月曜日、仕事に行きたくないときにまず考えるべきこと

こんにちは、氷犬(@icedog_410)です。

日曜日の夜、月曜日の朝、「仕事に行きたくないな…」と思うことありますよね。

  • 仕事をするのがダルい
  • 満員電車に乗りたくない
  • 別のことをしたい

など、どうしても仕事に前向きになれないのはよくあることです。

ただし、憂うつな気持ちを抱えたまま仕事に向かうのは、精神的によくありません。

そこで、この記事では、「仕事に行きたくない月曜日に考えるべきこと」について、少しでも気持ちを前向きにできるように書いてみました。

どうしても仕事に気が進まない方の参考になれば幸いです。

月曜日、仕事に行きたくないときにまず考えるべきこと

月曜日、仕事に行きたくないときにまず考えるべきこと

「仕事に行きたくない」と思う時は、何かしら原因があるものです。

もやもやした気持ちをそのままで終わらせると、ずっと残ったままになります。

個人的な経験も踏まえると、仕事に行きたくないのは、以下の3つが主な原因であり、まず考えるべきことです。

  • 今の仕事は自分に合っているのか
  • 睡眠時間や休憩は十分に取れているのか
  • 休日を十分に楽しめたのか

今の仕事は自分に合っているのか

「仕事に行きたくない」、その気持ちは今の仕事が自分に合っていないことから来るケースが多いです。

  • 仕事がハード
  • 職場の人間関係が辛い
  • 仕事に将来性が感じられない

こんな仕事を続けていても、徐々に精神が削られていくだけです。

すぐに仕事を辞めたり、転職したりする必要はありませんが、できれば仕事を変えることを考えた方が良いでしょう。

仕事の大変さ・給料・職場環境など、何かしら不満があるなら、その不満の原因を解消することが必要です。

仕事を変えたいと思った時に考えるべきこと【自分を知ることから始める】

仕事を変えたいと思った時に考えるべきこと【自分を知ることから始める】

2019年12月8日

睡眠時間や休憩は十分に取れているのか

体力や気力がないと、仕事に行きたくなくなります。

それは、体が「もういい、休め」と出しているサインです。

仕事がハードすぎるのか、休日にうまく休めていないか、そのどちらかだと思います。

そのまま働き続けると、健康を害する可能性もあるので、「よく休めているか」ということを一度見直すことをおすすめします。

休日を十分に楽しめたのか

休日が充実していないと、仕事に行く気力も湧いてきません。

  • 寝ているだけ
  • 夜更かししてばかり
  • YouTubeを見ているだけ

など、楽だけどそんなに楽しくないことで休日が終わると、もったいない気持ちになりますよね。

そういう「もったいなかったな」という気持ちは、心を疲れさせる原因になります。

休日を楽しみ、リフレッシュした状態で月曜日を迎えることが必要です。

- スポンサードサーチ

月曜日の「仕事に行きたくない」、その気持ちをどう克服すべきか

  • 今の仕事は自分に合っているのか
  • 睡眠時間や休憩は十分に取れているのか
  • 休日を十分に楽しめたのか

このような「仕事に行きたくないと思う原因」に向き合ったら、その原因を解決する方法を考えてみます。

解決策を考えるのは正直ダルいですが、仕事に行きたくないという気持ちを放置していると、後々になって響いてきます。

健康的で前向きな気持ちで月曜日を迎えるために、具体的な行動に移してみましょう。

今の仕事で本当に良いのかを一度見直してみる

繰り返しになりますが、仕事に行きたくないという気持ちは、そもそもの仕事が原因であるケースがほとんどです。

「就職できたから」と、今の会社がすべてだと思ってはいませんか?

人生の3割ほどは仕事をする時間です。どうせならポジティブに働くことをおすすめします。

自分で考えつつ、家族や友人に相談したり、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

※完全無料で使えるので、悩む前に登録して話を聞いてみるのがおすすめです。

「急に転職はちょっとなぁ…」という方は、仕事の相談ができるサービス「そうだんドットミー」を使って相談してみるのがおすすめですよ。

休日の過ごし方を変えてみる

充実していない休日を過ごすと、仕事に行きたくなくなるのも当然です。

休日の過ごし方を、以下のとおり変えてみましょう。

ダラダラと過ごさない

「寝ているだけ」「YouTubeを見ているだけ」など、あとで虚無感の残る過ごし方をしているなら、それは一度見直してみるべきです。

「少し大変だけど、やったら楽しいこと」に時間を注いでみるのが一番良いです。

少し遠出をしてみたり、本を買って読んでみたり。

新鮮なことを積極的にすると、脳が活性化して充実した気分になれるのでおすすめです。

1日遊んで、1日休む

充実した休日を過ごそうとして、遊びすぎるのも考え物です。

休日が2日あるなら、1日遊んで、もう1日は休みましょう。

別に家でじっとしている必要はありませんが、近場のカフェでのんびりしたり、昼寝したりすると体が休まります。

夜更かしせず、早めに寝る

睡眠が足りていないなら、仕事に行きたくないと感じるのも当然です。

もし、休日はつい夜更かししがちなら、生活リズムを整えましょう。

遅くとも1時には寝て、10時ごろには起きる生活にすると、メンタルが安定しますよ。

- スポンサードサーチ

月曜日の仕事に行きたくないという気持ちをただの現実逃避で終わらせないこと

月曜日の仕事に行きたくないという気持ちをただの現実逃避で終わらせないこと

「月曜日、仕事に行きたくないと感じたときに考えるべきこと」と「具体的な改善策」を解説してきました。

仕事の時間は、人生の約30%を占めるものです。

「行きたくない」と思いながら嫌々仕事をするのではなく、どうせなら前向きに仕事ができた方が良いですよね。

何より一番良いのは「自分が楽しいと思える仕事」をすることです。

これは僕自身の経験ですが、嫌な仕事を辞めて、自分が好きだと思える仕事にすることで、人生がかなり充実しました。

自分にとって良い仕事をして、人生をポジティブに過ごせるよう、行動に移してみてください。

日々の仕事を楽しくしたい人向けの記事
仕事を変えたいと思った時に考えるべきこと【自分を知ることから始める】

仕事を変えたいと思った時に考えるべきこと【自分を知ることから始める】

2019年12月8日
転職を考えている人向けの記事